自宅ショップ「家音」の店主のつぶやきと商品のご案内。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

家具選び
JUGEMテーマ:住宅
 今年のひな祭りは、娘にかわいそうな思いをさてしまった…
引っ越し準備のバタバタで、お雛様を飾る時間も、場所すらもなく、その上ひな祭り当日には、
帰宅が遅くなったため、定番のお手製ちらし寿司や、お吸い物、 我が家のパーティーの定番、フルーツカクテルやチーズのディップなど、娘の大好物の一つも用意ができなかったのです。

 娘よ、許しておくれ。
落ち込む娘に、せめてお雛様の乗ったケーキだけでも!と思い、六時を回っていたけれど、ケーキ屋さんをはしごし、二軒目でゲット!価格を見たらうぅ、高い…でも背に腹は代えられない(笑)
結局、ニッコニコで頬張っていたので、良かった良かった。ふぅ。
 来年は早くからお雛様を飾って、リクエストのお料理作って、家族でお祝いしようね。


 本題に移りますが、ずっとずっと探して悩んだダイニングのテーブル。
都内のインテリアショップや、ネット、インテリアの本などで色々探し、検討してきました。

 有力候補のうちの一つは昔、キョンキョンのドラマで使われていた、wood you like companyさんのテーブル。ご存じの方いらっしゃいますか?同世代の方ぁ〜?
当時、あの楕円のテーブルに憧れたものです。 BOOMの宮沢さんが木工職人の役で出演していたのですが、その会社って本当にある会社だったのですね。本物を見たときには、とても感動いたしましたワ!

 でも、でも。椅子をYチェアにしようと決めてから、どんなテーブルが一番しっくりくるのだろう?と思い始め、これはいい、これはちょっと違う…などと考え出したらキリがなくなってしまいました…。
それは、同じウェグナーのダイニングテーブルなら絶対合うに決まってますが、なかなか難しい金額なのでして…(汗)

何とかネットショップのものも含め、4候補位にしぼったのですが、やっぱり触ったり揺らしたり、イスと合わせて座ってみたりしないと、決められない。でもいい加減タイムリミットで、とうとう決断の時がやってきました。←またもや大げさ?

 昨年Nちゃんのお宅にお邪魔したときに見た、Yチェアとしっくり馴染み、まるでお揃い?と思うほど美しかったテーブル。それが忘れられず、購入店を教えてもらい、早速お邪魔してきました。

 
静岡のクラフトコンサートさん。
 
古民家をリフォームした店舗。和と北欧が見事に調和した素敵な空間です。



 



 いくつもの部屋に分かれて展示された名匠の家具たち。
モーエンセン、フィンユール、ヤコブセン…特に「超北欧大好き!」という私ではありませんが、そんな私でも知っている名匠(いや、巨匠ですね)の作品がずらり。

 家具にとどまらず、照明、ラグ、マット、テーブルセンター、食器、カトラリー他、次から次へ欲しいものが出てきてしまう、危険なお店でした(笑)


 それで結局テーブルはどうなったのかと申しますと…
一度Nちゃん邸で見たり、触ったり、座ったり、お茶を飲ませてもらったりして、良さはわかっていたけれど、私の記憶は一年も前。でも、好きなものは好きなのです。一年経っても変わらなかったー。
お店で見て、やっぱり好き!と再確認。
長い間私を苦しめてきた、ダイニングテーブル探しから、本日やっと解き放たれたのでしたー。

 Nちゃん、お揃いになっちゃってごめんね!
発表会、がんばろうね!(意味不明)

 ←こちら オークオイル仕上げ 1,800X900X700
価格はお問い合わせください


 
 今回はとんぼ返りの短い訪問でしたが、半日くらいかけてゆっくりお邪魔したいクラフトコンサートさん。我が家は、イス、照明などは、ビルダーさんがかなりお安く出してくださったので、購入はしませんでしたが、クラフトコンサートさんの値引きもかなりお得ですので、ご検討中の方にはオススメですよ。一見の価値あり!のお店です。
キマドの窓
JUGEMテーマ:住宅
 いやーーー!気付けば二月も終わりです。 はやいっ
建物完成予定までも残り一ヵ月を切り、現場もバタバタしているようです。
あらかた大工さんのお仕事は終わり、現在は内装材の準備中。

 ↓ 今はこんな感じ

 
 うちは、ルナファーザー+ホタテパウダーを使用します。これは、ビルダーさんの標準仕様でした。
最初は全て珪藻土塗りで〜なんて思っていたけど、無理無理(笑)
普通のクロスの部屋もあるし、気持ち珪藻土入りクロスを使用したりも。


 さて、今日は窓のお話パート供
待望のキマドの窓が入りました!
足場があるので、下に潜り込んでの写真のため、わかりにくくてごめんなさい!

 
外側は、外壁の色と合わせて白、室内側は黄味の強い木色です。(数種類の色から選べます)
室内側からの写真はまた後日アップします。



 私がなぜキマドを入れたかったのかというと、建物を切り抜いたような窓が欲しかったから。
切り抜くって???と尋ねられてしまいそうですね。
まだ上の画像ではわかりにくいと思いますが、外壁も塗られ、完成が近付くと、窓のフレームが目立たず、ガラスだけがはまっているような窓に見えると思うのです。

 それだけではなく、木製フレームというのもいい。
断熱性が高いのも魅力。ま、それらは後付け理由ですが…

 キマドは、一階部分のコーナーに二つ使用しました。
うちにはそれが精一杯(汗)


 こちらはYKKapの窓。もちろんこちらはこちらでとてもいい窓。
でもフレームがばっちり目立ちます。

 そう言えば、だいぶ前になりますが、室内側のフレームに関してもウルサイことを言って、すったもんだありましたっけ。設計士さんにずっと
「窓枠を隠してください。」
と伝えていたのですが、窓が入っても一向に窓枠が隠れる気配がない。思い切って尋ねてみると、
「そのようにしてありますよ。」
と…。んーーー?私には窓枠がバッチリ見えているけれど?

 そう、私はサッシのフレームが見えないようにしたかったのだけれど、窓枠と言ったら普通窓の周りの木枠のことなのよね…
設計士さんは、クロス巻き込みのことだと思い、そのように進めていたそう。
完全に私の言い間違い?伝え間違い?でしたーーーー。慌てさせちゃってごめんなさいーーー。
でも残念だったなぁ…


 今はトステムからもこんな窓 が出たのですね〜
フレームが見えない、もしくは目立たないの、大好きです。
採用した方がいたら、ぜひご感想をお聞かせくださいね!


 番外編 オマケ 遊びの窓(笑) 


 








 

 
キッチンが取り付けられました
JUGEMテーマ:住宅
 本日、待ちに待ったキッチンが搬入されました。
朝は曇っていたけれど、次第に晴れ間が差してきて、一時は快晴に。
あー良かった!雨の中の作業と、晴れているのとでは、全然違うはず…

 私は用事があったので、朝から立ち会うことはできなかったけれど、午後現場に着いたときにはもう
すっかり取り付けが終了していました。


 
見た瞬間、思わず「ヤッター!」と叫んでしまいました(笑)
本当にキレイなんですもの…
まだ引き出しや扉は次回の組み立てとなるのですが、本体だけでも姿が美しいの!
お願いして本当に良かった。
大事にします。
イマイさん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

 大忙しの日々の中、またまたローボードが大忙しとなってしまいましたが、どうぞよろしくお願いいたします。タモの板、とてもキレイです。楽しみにお待ちしております。
今日はお疲れ様でした!!
(すみません、画像お借りいたします。カメラ指導いただいたのですが、どうも私のはあんまりで…)
 
母邸完成
JUGEMテーマ:住宅
  我が家より、一足先に工事着工した母邸がほぼ完成しました。
私同様、現場にせっせと通い、いちいちうるさい注文を出しては、工務店さんを悩ませ(笑)、完成に至った家。
 まあね、一生住む家ですもの。後でこんなはずじゃ…と悔やむくらいなら、その都度その都度言った方がいいと、私も思うのです。


 木のドアだったり、床、照明、漆喰の壁など、どうしてもこれはゆずれない!という母なりのこだわりがあったのですが、限られた予算の中でのことだったので、工務店さんも色々努力をしてくださったり、母もいくつか我慢をしたりで、ようやく夢が叶ったのであります。

 ガラスのペンダントライト
 
 途中、家族同士でもめたり、土地のことで色々あったり、紆余曲折ありましたが、こうして完成に至ったことをとても嬉しく思います。工務店さん、職人さん方、関係者様、本当にありがとうございました。
  洗面脱衣室。鏡がまだでしたね…
 

 今週末(19日、20日)、完成見学会を行います。10時〜17時まで。雨天決行です。
とても小さな家ですが、ご来場いただけたら幸いです。

 場所をご存知ない方は、メールinfo@tette.jp
でお問い合わせください。個別にご案内させていただきます。

 

 

フリーハンドイマイさん
JUGEMテーマ:住宅
  女性だったら誰しも、家を建てるなら、キッチンはこんなイメージ、というのが頭の中にあると思います。私も今のマンションのように、料理中は家族の団らんに入れなかったり、こもり感のあるキッチンよりも、料理をしながら窓から外が見えたり、家族のいるリビングを見渡せるような、明るくオープンなキッチンを思い描いていました。

 イメージだけでなく、適材適所の収納、自分の動線を考えた配置、モジュールにとらわれず、自分なりのサイズや作業のしやすさというのを全て叶えることは、結構難しいことですよね。

 家を建てることが決まる前から、ずっと憧れていたフリーハンドイマイさんのキッチン。
でも、オーダーキッチンなんて贅沢だし、きっと予算オーバーだろうし、遠方だし無理よね…なんて
最初はあきらめていました。
 本格的に家づくりが始まって、システムキッチン+カウンター収納を探してはみましたが、なかなかしっくりくるものがなく、ずっとイマイさんのキッチンが頭から離れないでいました。
オーダーキッチンがいいなんて、なかなか主人にも言い出せずにいたのですが、きっと一生後悔する(大げさ)!と思い、見積もりをしてもらって、あまりに予算とかけ離れていたらあきらめようと思い、思い切って問い合わせをしてみました。

 希望の形、サイズ、キッチンへの思いなどを、つらつらと一方的な長文メールでお送りしたのですが、それに応えてくれるかのように親切で、丁寧なお返事をいただき、また実際お会いしてお話を伺って、ますますイマイさんのキッチンがほしい!と想いを強くしたのを覚えています。

   少々予算オーバーであったり、メンテナンス面など、キッチンというより家具として考えること、
遠方であるがゆえ、何かあったとき、ちょっと電話してすぐに来ていただけるという訳にはいかないこととか、その際のコスト面など全てをひっくるめて考えても、イマイさんにお願いしたいと思ったのでした。

 イマイさんがこちらに来てくださったり、メールやお電話などで何度も打ち合わせを重ね、変更、変更でそのたびイマイさんにはご迷惑をおかけしましたが、親切にプランを練っていただいたおかげで、私の理想のキッチン&カウンターとなりました。イマイさん、ありがとうございました!

 今週その待望のキッチンが我が家に設置されるのですが、今か今かと首を長くしています(笑)。
製作途中のキッチンは、イマイさんのホームページでご覧いただけます。
どのキッチンかは内緒←なんじゃそりゃ?

コチラから

 


 
玄関ドアについて
JUGEMテーマ:住宅

 家の顔ともなる玄関ドア。家を建てられた方、設計中の方など、皆さん悩むところだと思います。
私もその一人で、いろいろ色々探したものの、なかなかこれ!というものが見つかりませんでした。
 
 これ、シンプルでいいんだけどー、ここに窓は要らないとか、この装飾が要らないとか…
なぜ何もついていないドアって無いんだろう??と疑問に思っていました。

 友達のお宅の素敵な玄関は、造作だと聞いたので、うちもそうするか…?でもコストがぁーーー
と困っていたとき、ネット検索で見つけたトステムのDDデザイナーズドア
      ↓ ↓ ↓

  

 おっ、これいいんじゃない?潔いシンプルさなのに、防犯性や断熱性にも優れているらしい!!
しかもトステムなら、ビルダーさんでの取扱は絶対あるはず…と、すぐに設計士さんに相談し、サンプルを見て即決(笑)
このシルバー、カッコ良かったのですが、ウチはホワイトを選んでしまいました…
いやー、キケンキケン!年頃の息子に蹴飛ばされる日もそう遠くはない、ということを忘れておりましたわ。後悔しても後の祭りですね(笑)


 「極々シンプルドア」をお探しの方、一見の価値ありですよー。
 



 

断熱材
  三連休最後の今日は、朝から市のバレーボール教室に行ったり、家を見に行ったり、公園で子どもたちと野球をしたりと、健康的な一日を過ごしました。

 バレーボール教室は、幼稚園のバレー部に所属していながらも、まったく進歩がないというか、いつまでもヘタで、チームメイトに迷惑をかけてばかりなので、上手になりたい!と一念発起(大げさ)して参加しているもの。
 今日で三回目だったのですが、相変わらずパスも続かず、サーブもあっちこっちへ飛んでいってしまう…一緒に組んでいたYっちゃんに申し訳なくて申し訳なくて…ごめんね、Yっちゃんー!
 昔から運動神経ゼロに等しい私だけど、一回一回の教室を大事に、習ったことを忠実に守って次の練習に生かしていったら、上達していくかなー。そう信じてガンバロウ!


 
 建築現場では、断熱材(発泡ウレタンフォーム)の注入が終わっていました。
近くで見ると鍾乳洞?みたいなボコボコ感。
これの上にまたボードが張り重ねられ、内装材の下地となるわけですねー。

 
 
 IMG_8736.jpg

正面がバスルーム。左側がお手洗いです。
バスルームのちょうど真下が主寝室となるため、水漏れ防止などの床の補強を強くするそう。

 我が家は、キッチン、リビング、水周りなど生活スペースが全て二階。
二階リビングって、日当たりの良さや、洗濯→干すなどの動線も良さそうだと思うのですが、老後は???と考えてしまいますね。あと、生活感あふれるけれど、ゴミ出しや、家族の送り出し、来客がバラバラ来る場合のお迎えなど、何度も階段を行ったり来たりするのかな?なんて。

 二階リビングのお宅の方は、メリット&デメリットを教えてくださいね〜
あ、今からだともうどうにもならないんですけどね!(笑)
色々なご意見をお聞きしたいだけです〜
今年最後に…
  いよいよ2010年も今日で終わり。
今年はtetteの閉店、解体、新居建築…と、私にとっては変化のある一年でした。
イエの工事は、年内は29日で終了となるので、家族で見納めしてきました。
私が他のお話ばかりしている間に、壁ができ、サッシが入り、玄関ドアが付き…と、色々進んでおりました。今回はその中でも、私にはかなり重要な窓についてご紹介したいと思います。
 
 画像正面に見える窓、こうやって見るとあまり大きさがわからないのですが、近くに行くと大きい!!横幅が3M50CMもあるのです。
 いやー、目の前には海が広がり…とか、富士山が目に飛び込む…だとかはまったくなく、
借景も期待できないので、もったいないと言えばもったいないこの大きなマド…
 でもね、いいんです。自己満足の世界だから(笑)
この窓から光がさんさんと入り、2階のリビングはポカポカ暖か暖房要らず…え?夏?
今は冬だから、夏のことなんて想像つかなーい!考えない考えない(笑)
 
 画像左手はダイニング横のマド。真中部分がFIXで、両サイドが開閉式。
右手はテラスへのドア。これも予算の関係で全開カフェタイプにはできませんでしたー
 20101225_999_4.JPG

 ウチのハウスビルダーは、一応全てに標準品というものがあるのだけれど、殆ど施主の希望通りに、自由が利くのがいいところ。最初はあれもこれもと、夢を伝えたのですが、見積もりが出てくるとそれはそれは恐ろしいことに!いったいいくつの夢をあきらめたのだろう…
 
 予算にヒヤヒヤしながらも、窓はお願いしてYKKにしてもらったり、一階部分で使用するものはキマドという会社のものにしてもらいました。キマドは、またサッシが入ったらご紹介しますね。
 
 窓って、色々あるのですよねー。メーカーはもちろん、形や開け方、ガラスの種類…
気にし出したらキリがない(笑)また位置も重要ですよね。実際現場に立ってみると、あれ?お隣から丸見え?目が合う?とか、ここに富士見窓が欲しかったなぁーとか。もう一度家を建てられるチャンスがあったら、今度はもっと念入りに計画しよう!(ないない)

 それでもウチは、最初の設計プランとは色々大きく変わったのかも。開閉式をFIXタイプに変えたり、すりガラスをタペガラスに変えたり。天井スレスレについているものは、リモコン式にしてもらったり、バスルームやパントリーなどはルーバータイプに変えてもらったり。
イチイチうるさい私に、根気よく付き合ってくださった設計のTさん、Hさん、ありがとうございました!
きっと社内では「窓にうるさい客」として通っているのでしょうね。

 そうそう、同じ女性で、設計の相談もしやすく、色々な力になってくれた設計のHさんが、今年いっぱいで退職してしまった。短い期間だったけれど、一緒に東京に行ったり、中華料理を食べたり、思い出がいっぱいです。
 残念でならないけれど、完成したらぜひ遊びに来てくださいね。今までありがとうございました!


 リビング側から北側を見る
正面の縦長ルーバーがパントリーになる部分。左手の横長がランドリールームです。 
IMG_8682.JPG
 
 ルーフテラス
外壁には今、「露しらず」という結露防止シート?が貼ってあります。
 20101229_999_9.JPG 

 窓のことは、まだまだお話したいことがたくさん!
続きはまた来年させていただくとして、今年はこれで終わりたいと思います。

 今年も残すところあとわずか。
この一年も、本当にたくさんの方にお世話になりました。ありがとうございました。
2011年も色々なことがありそうです。

 友人、知人、日頃お世話になっている皆様、工事関係者様、家族、来年も引き続きよろしくお願いいたします。
tetteのお客様、今まで大変お世話になりました。また近々、お目にかかれることを楽しみにしております…

 皆様よいお年をお迎えくださいね。

めぐみ


 


 
建物内部
  今日は日曜日だから、大工さんもお休みかな?と現場を訪ねると、棟梁がお一人でトントン。
えーー?一体いつ休んでいるのだろう?と疑問に思いながらも感謝感謝。お疲れ様です。

 今まで何度も何度も設計図や立面図(?)などで確認し、想像もしていたのに、実際現場に立ってみると、思いのほか距離が長かったり、短かったり、窓が大きかったり小さかったり。テラスは想像より小さかったり、天井は高かったり。色々ギャップがありました(汗)

 私の頭が三次元的思考に長けていたら…いや、主人はそれが得意なはずなのに、それでも「思ったよりテラスが狭いなぁ。」なんて言っていたから、得意な人でさえ難しいのだ。

 よく「家は三回建ててやっと理想の家ができる」なんて言いますものね。
すでにいろいろあーすれば良かった、こーすれば良かったがたくさんあります(笑)


IMG_8614.JPG

 三階部分(ロフト)から北側をみる

この一段上がった部分に、小屋裏収納を作ろうとしたのですが、コストの関係であきらめたのです。
これだけのスペースがあれば、色々しまえるーーーー!子供のいい隠れ家にもなったのだろうに。
残念!

IMG_8612.JPG

 子供部屋の上にロフトを作りました。
ここはそのうち物置になっちゃうのかなぁ…いやいや!お泊りスペースにしたり、ホームシアターにしたいという気持ちで作ったのだもの。初志貫徹できますように…

 この三階部分には、どこかに大きな窓をつけなくてはなりませんでした。消防法(?)の関係で、いざという時に消防士さんがその窓から進入するのだそうです。


IMG_8620.JPG

 キッチンのあたりから南側を見る

画像右側が子供部屋で、その上がロフト。
正面がリビングスペース。緑の物入れがある少し先に一階へと降りる階段ができる予定です。



地盤改良〜上棟まで

 もともとあった建物を解体したのが8月上旬。
そこからしばらく更地のままという状態が続いていました。

 土地の全面道路から見て左手が母の家、右手が我が家です。
母とうちとは施工会社が異なるため、母の建物から先に着工することになりました。

 母の建物の構造は2×4。基礎から上棟、壁ができサッシが入るまでもあっという間でした。
うちはSE構法を採用したので、地盤改良やコンクリート打設、基礎までも色々と時間がかかったように思います。

 現在はすでにサッシの取り付け間近となっておりますので、追いつくためにだいぶはしょってご紹介しますね…(汗)その前に大事な設計があって、今の形になっているのですが、設計のお話は後からゆっくりしていきたいと思います。
 
コンクリート打設の様子

 IMG_8432.JPG

友人がやってくれたので安心♪ 君さんありがとう!

IMG_8433.JPG

上棟の様子

12月6日、7日の二日間、総勢10名以上の大工さんや監督さん、その他の方々で
あれよあれよという間に建物全体の木組が出来上がりました。(驚き!)
皆様お疲れ様でした!

IMG_8600.JPG


 
 建物は正面から見ると片流れ屋根の形です。
母の家がすぐ隣にあるので、結構な圧迫感でしょうか…
日当たりも心配な部分がありますが、3階は明るそう!

IMG_8599.JPG


profilephoto 家音 (KANON)